スポンサー広告 > GW2016れびゅ その2
ゲーム感想 > GW2016れびゅ その2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW2016れびゅ その2

その2、はっじまっるよー


No.02 SIMPLE ksg シリーズ001(完全版?)

◆効果音の演奏:なんじゃこりゃあ.wav

体験版(?)のときからプレイしましたが
体験版はよりプレイヤーを突き放した感が出てましたね
完全版もよっぽどnnkrなのですが



No.03 The Happy Keeper

GW2016_08_01.jpg

一定時間内に資源収集・強化などの準備をしてボスを迎え撃つゲーム
1ステージにつきおおまかに準備フェイズ・迎撃フェイズに分かれており
準備フェイズ中に資源の収集、砦の強化、兵器の開発、アイテムの探索など行って
迎撃フェイズにて兵器による遠隔攻撃や自らによる直接攻撃でボスと闘う、といった構成になっています
1ゲームにつき4~5ステージからなるので、1プレイあたり30分ほどで気軽に遊べます

ややとっつきにくい印象はありますが、システムの仕様を理解すれば、噛めば噛むほど味が出るスルメのようなゲームだと感じました
自分は1回目のプレイではアイテムの効果がよく分かっておらず、4体目のボスにやられてしまいましたが
付属テキストを見てアイテムの効果を理解すれば、安定してクリアできるようになりました

アイテムは非常に効果の高いものも多く、かつどのアイテムが出るかは完全ランダムなので
運要素も強いと感じましたが、逆に言えば強いアイテムが出たときの喜びもひとしおで、
その辺が上手い中毒性につながってると思いました。
引き継ぎなしプレイで、素の状態からアイテムを収集して段々と砦や自身を強化していく感覚は
ローグライク系RPGを思わせますね。

初期バージョンからプレイヤーの意見を受けて、
ボスラッシュモード、裏ボス、アイテムスイッチ……などが追加されたように、
アフターサポートが厚いのも○

惜しむらくはやっぱり、初見ではシステムがやや複雑に見え、
アイテムの情報量も多く、とっつきにくいことかな……
事実、自分も初見プレイではどのアイテムを手に入れるべきか分からず、4戦目で負けた上
「やり直し」を選んだらアイテムやステータスが全部リセットされて、一度やめてしまいました
慣れると意外とやるべきことはそう多くないと分かってきますし、
情報量が多さは自由度の高さの裏返しなのですが、
こうなるまでプレイヤーを導くにはゲームとしてもう一要素欲しいのかもしれません

とはいったものの、一度ハマれば様々なプレイスタイルで気軽に遊べて
やりごたえのあるゲームなのでおすすめです

GW2016_08_02.jpg



No.20 わてり無双

決定キーの武器攻撃とキャンセルキーのサブアクションを使い分けて
分身したウィンディをなぎ倒す無双系アクション
1ステージは短めでサクサク進め、新しい武器を買って段々とアクションの幅が広がるのが楽しい
ただ全体的に攻撃の範囲が狭めなのと敵から連続攻撃を受ける仕様のせいで
間合いを取るのに気を使わなければならず爽快感にはちょっと欠けるかも



No.34 重量感あるよな

ソーレソレソレ感あるよな

揃ったテキストに応じてテキストやヴィジュアルが用意されているのが丁寧な印象
ソーレソレソレはそういうのがなくてプレイヤーを突き放すksg感強かったですが
どちらの方が良かったかはプレイヤー各々の好みによるところ

深夜にPIAIしてたらあんにん画像で無性に食欲を刺激された



No.37 最高の女

独自のバカっぽい世界観で進んでいくデフォ戦ゲ
世界観のゆるさとは裏腹に戦闘バランスは綿密に練られていてなかなか手応えあり
マップ上に任意で戦える強敵がちらほら用意されていて
適度にプレイヤーの挑戦心がくすぐられる作りがニクい
強敵と闘うと頻繁に全滅しますが
全滅ペナルティも皆無で初期位置に戻されるだけのユーザーフレンドリーな作りも○

敵キャラがなにかの統計とか天井の落ちない汚れとかいうセンスすき


No.44 ちくわ大明神

会話の合間に「ちくわ大明神」のコメントを挟むことで
いかに芸術的に会話をシャットアウトできるか競うゲーム
……のはずだがゴメスの魔の手からは逃れられない!!
テンポよく進んで小ネタも効いてていいksgでした

GW2016_04.jpg

↑このテキストじわじわくる



No.47 DOOM SOULS 0

GW2016_07.jpg

退廃的な世界を進んでいくスタイリッシュなガンシューティング
ツクールのデフォ移動を使ったガンシューティングなので多くの同ジャンルゲームの例に漏れず
射線を合わせるのがやや煩雑な印象がありますが
数多くのアクションやシビアな世界観も相まって不思議とバランスが取れている気がします

ドットや音楽、SEで演出される退廃的な世界観が味があって、プレイ意欲が掻き立てられますね
ストーリーについて多くは語られず、前半は廃れた後のもしもの世界が断片的に表現されるだけですが、
終盤では過去になにがあったか、ストーリーイベント的なものが挟まれます
過去編から現在に戻るときの演出はゾクッときましたね

敵の種類はそう多くないですがこちらのアクションが豊富で、
いかに効率よく敵を倒すか探求するのが楽しいです
また、ボスの行動パターンも練られていて、苦労はしますが、
パターンを解析して、効率よくダメージを与える方法を色々試して
上手くいったときの喜びは大きいですね
ステージのあちこちにショートカットや隠し通路が用意されていてそれを探すのも楽しいです
「ホモの予感……」でクソワロタ

元ネタになったゲームは悪魔城くらいしか分かりませんでしたが
それらのゲームの要素を上手く取り込んでツクールで表現できていると感じました
難易度は高いですが、それだけやりごたえのある完成度の高いゲームだと思います



No.56 もしも四天王がツクールVXACEを徹底解剖しなかったら

徹底して海から動かないksg
2000でもよくある演出だけど、VXAのゲームオーバー天丼で笑うwwww
文章のスクロールはツクール2を思い出しますね
こういうgdgd感のある会話すき

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。